top of page
検索
  • 執筆者の写真yuki1015213

京都女子相撲クラブ杯にかける想い。乾夕月

 私が相撲を始めたきっかけは、兄が相撲をしていたことからわんぱく相撲大会に出ることになり、そこで男の子に負けたことが悔しくて始めたのがきっかけです。しかし小学生の頃は男の子との練習が多く、相撲が怖いという思いから試合でも良い結果が出ず、中学生に上がるタイミングで相撲を辞めてしまいました。しかし中学3年生のときに「女子の人数が少ないから出てくれないか」と母に頼まれた試合で優勝し、もっと強くなりたいと思ったことをきっかけに女子だけの相撲部がある京都両洋高校からもう一度相撲を始める決心をしました。

私が女子相撲を通して感じたことは、人とのつながりがたくさんあることです。高校で行った遠征や合宿の経験から、多くの女子選手と稽古し交流することが出来ました。毎日の練習を共にする同期や先輩方、合宿や試合などではライバルでもありながら支え合える仲間達や、応援してくれる保護者の方や他のチームの監督の方々と出会えたことが私にとって大きな成長の糧となりました。

今回私が第二回京都女子相撲クラブ杯を実施したいと考えたのもそういった人との出会いを今の子どもたちにも繋げていきたいと考えたからです。まだまだ女子の人数が少なく、練習相手がいなかったり等でやめてしまう子が多いのが現状だと考えます。そういった子達に京都女子相撲クラブの練習会やクラブ杯を通して人との輪を増やして、相撲が楽しいと思ってもらえる環境作りをしたいと考えております。これからも1人でも多くの人に女子相撲の存在をしてもらうために活動していきますので、練習会やクラブ杯のご参加よろしくお願いします!



閲覧数:56回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page